ブライダル業界の市場

新卒の学生に根強い人気を持っている業種のひとつにブライダル業界があります。人気の理由は、人の幸せに関わる事ができる、人の幸せを演出する事ができる、人の幸せな笑顔をたくさん見ることが出来るということではないでしょうか。では、このブライダル業界とは、どういった市場なのでしょうか。
ブライダルをトータルサポートする仕事
まず、挙式、披露宴の市場規模として約1.5兆円程度といわれています。しかし、ブライダル業界全般となると、それ以上に結婚と関連して、エンゲージリングや結婚指輪などに代表される宝石関係、新婚旅行などに関わる旅行関係、夫婦生活を始める為に新居に必要になってくる、家電や家具といったものなど等、このようなものすべてを含めて考えると、その市場規模はもっともっと大きいものになります。

さらにこの市場で注目すべき点としては、不況といわれている昨今にあっても、その不況の影響が比較的限定的であるという点です。

結婚に関しては、晩婚化が進んでおり、さらに成人人口が減ってきているという事で、結婚式の件数は減少傾向にありますが、逆にある程度金銭面に余裕が出来てくる世代になってから、結婚をするということで、一組辺りの単価が上がるという傾向になってきています。その為、トータルで考えた場合に、減少傾向になるどころか、やや上向きの傾向になっているというのが実情です。

唐突ですが、大手インターネットショッピングサイトと聞いて、みなさんは何を思いつきますか?
ホームページ作成 仙台
もちろん、買うものにもよるでしょうが安心感で行ったらやっぱりあそこになるでしょうね。

さらに昨今、集団婚活や集団お見合いなどが、各地でブームになっていることから、今後結婚件数が増える事も予測されおり、世間の不況と逆行して、不況とは無縁の業界であると思われます。

さらに、その市場の中身を見ていくと、他の業界では独占的な数社が多くのシェアを占めるというのが多いにもかかわらず、ブライダル業界はその中身が多岐に渡ることもあり、独占企業というものがなく、今でも新規参入が出てくるという活発な市場ですので、競争の厳しい中で、より良いサービスの提供が出てくる業界であると考えられます。